メイン画像

Bloomエナジーサーバーについて

about US

Bloom Energyが特許を取得した固体酸化物形燃料電池技術を用いたBloomエナジーサーバーは、クリーン・安定的でコスト競争力のある電力を顧客の敷地内で生産する新しいかたちの分散型電源です。

この発電システムでは、燃料を燃やして発電する従来の燃焼方式ではなく、化学反応によるクリーンな発電方式で、燃料を電気に変換します。

バッテリーに似ていますが、燃料電池は常に稼働している点が異なります。

Bloomエナジーサーバーは燃料としてバイオガスや都市ガスを使うことで稼働し、発電効率の高さにおいて他に並ぶものがなく、設置やメンテナンスも簡単に行うことができます。

Bloom Energyの独特な燃料電池技術は、主に以下の3つの点で、従来の水素燃料電池とは根本的に異なります。

  1. 低コスト材料:Bloom Energyの燃料電池は、プラチナ等の貴金属や酸などの腐食性材料ではなく、セラミックを用いています。
  2. 高い発電効率:60%超の発電効率を達成。従来の技術と比べ、約2倍の発電効率を実現します。
  3. 燃料柔軟性:Bloomエナジーサーバーにはバイオガスと都市ガスのどちらでも使用できます。

Bloomエナジーサーバー1基は、平均的なオフィスビル1棟分に十分な200kW の発電能力があり、標準的な駐車場程度のスペースがあれば、昼夜を問わず稼働させることができます。

また、Bloom Energyの柔軟で拡張性のあるモジュール技術により、お客さまのニーズに合わせた発電容量で設置が可能です。米国ではすでに1サイトで30MWまで導入されている事例もあります。

現在Bloomエナジーサーバーは、Google、ウォルマート、AT&T、eBay、コカ・コーラを含むFortune 500の多くの企業に電力を供給しています。